« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

節約の大切さに気づく <モニターの中のお小遣い>

投資信託を始めて自分の行動に変化があったのは節約を意識するようになったことだと思います。

私は基本的に欲しい物が少ないせいか、たまに欲しい物があると予算や節約をあまり考えずに買う傾向がありました。 しかし、たまにしか物が欲しくならないためにそれでも赤字にならずに済んでいました。

ジュース代、食事代、書籍代、節約といっても1回あたり高々数十から数百円の違いなのですが、投資信託を始めた頃は数百円の利益が出るのにもドキドキしていたものです。たった数百円の利益を出すのにこんなにドキドキするものなのかと思うと無駄遣いが出来なくなってきました。
投資信託も積立を続けるうちに評価額が日々数千円の変動をするようになるでしょうが、節約の気持ちは忘れないようにしたいものです。

節約は投資と違って、やれば100%リターンがありますからコツコツ続けて行きましょう。

2012年10月27日 (土)

さくら荘のペットな彼女 - お世話したい彼女 <モニターの中の彼女>

秋から始まった「さくら荘のペットな彼女」。
主人公の椎名ましろの要介護っぷりが萌え要素ですね。 放送されたのがもう10年前になる「ちょびっツ」のちぃちゃんを思い出させる感じがします。 けっこう可愛いのでいろいろと身の回りのお世話をしてあげたくなってしまいますね。 等身大のお人形さんみたいです。 ついでに、抱き枕にもなって欲しいです。

ところでましろちゃんは、すごい才能の持ち主のようで今後の物語がどうなっていくのか楽しみなところです。

2012年10月20日 (土)

やはり恋愛ストーリーはハードル高し <モニターの中の彼女>

今年の秋のアニメの「となりの怪物くん」、ニコニコ動画で見ています。

『冷血女子×超問題児!新感覚ラブストーリー』ということでラブコメなんですが、コメディの部分は楽しめるとして、やっぱり高校生ぐらいの恋愛感情がガッツリ描かれるとなってくると私の理解の範囲を超越してしまう。

その点、要介護系(!)美少女の「さくら荘のペットな彼女」あたりは良い感じに楽しめますね。

とりあえず、赤面したヒロインが可愛いので見続けてみます。

復興特別所得税の予告が来た <モニターの中のお小遣い>

みずほ銀行から「復興特別所得税に関するお知らせ」なるものが届きました。

来年の1月1日から所得税が2.1%アップするようです。
投資信託の利益確定分にかかる所得税も同じく2.1%アップということで、売却で利益が出る場合は年内に売却するとわずかでもお得のようです。

政治家さん公務員さんにはくれぐれも「復興の為の税金」を無駄遣いしないようにして頂きたいものです。

2012年10月14日 (日)

小説 いまいち萌えない娘、感想など <モニターの中の彼女>

「小説 いまいち萌えない娘」というタイトルですが、短篇集ですね。
全体的に流れるゆるい感じは、いまいちさんっぽくて良い感じです。 表紙の色も青で統一されて見た目にも内容的にも、良い感じにいまいち萌えない娘って感じが出ていました。
最後のがんばるいまいちさんは謎の感動でした。 いまいちさんは頑張り屋さんですねっ。

アルバイト募集で生まれたキャラがアルバイトの期間を超えて活躍するとは世の中面白いものです。もしかして募集したアルバイトよりいまいち萌えない娘の方が稼いでいるとか?

次を希望するとしたら漫画本が良いですかね。 兵庫の各所を背景に入れたら「いまいち萌えない娘の聖地」として人気が出るかも? 目指せアニメ化ですねw

確定拠出年金の運用コスト引き締め <モニターの中のお小遣い>

私の勤め先でも、去年の夏に確定拠出年金の制度を取り入れました。
ある日突然人事部門の人がやってきて、「これからは年金基金の一部を自分の責任で運用してください」と。 「それはないだろう」と思いましたが会社の方針ですから従うしかありません。

投資信託というものがある事自体を知らなかった当時、とりあえず全部お任せ運用ということで会社が用意したファンドの選択肢の中から「フコク株50大河」1本のみ選択で運用を開始しました。

そして1年が経って改めて選ぶことが出来るファンドの選択肢を見てみると、信託報酬の高さが気になるのでスイッチングをすることにしました。
信託報酬が1%以下のインデックス型のファンドへ、
海外資産:国内資産=2:1
株式:債券=1:1
の割合にスイッチングします。

ところで、ニュースを見ると海外には「財政の崖」とやらが迫っている様子。今順調に上昇しつつある海外の株式が来年以降値下がりする可能性もあります。 ここはスイッチングも来年にかけて少しずつ小分けにしていくことにします。

2012年10月 8日 (月)

iPS細胞は人類に幸せをもたらすか? ノーベル賞受賞を聞いて

2012年のノーベル・医学・生理学賞が日本人の山中伸弥さんに決まった。非常に喜ばしい。同じ日本人がノーベル賞を受賞したので私まで頭が良いような気がしてくる。

ところで、iPS細胞である。
いろんな組織を作れるそうで、将来私自身もiPS細胞に助けられることがあるかもしれない。
しかし、いろんな組織を作ってしまう領域に人類が進出しても良いのだろうか? 原子力と同じように取り返しのつかない害を人類にもたらしてしまわないだろうか?

科学の進歩に倫理が先行して行かないと大変なことになる気がする。

未来を占ってみる・・・投資信託の利率予想 <モニターの中のお小遣い>

投信まとなびの「時価評価額の将来シミュレーション(トータルリターンベース)」をやってみました。
先日までに積立をするために選んだバランス型7ファンド、株式6ファンド、債券6ファンドの計19ファンドを入力して、10年後の予想時価を見てみました。

それによると
・バランス型は50%の確率で平均年利率1.34%から5.09%の間になる
・株式は50%の確率で年平均利率 3.63%から10.50%の間
・債券は50%の確率で年平均利率 0.69%から5.09%の間
・全体の年平均利率は50%の確率で 1.96%から7.18%の間
という予想でした。
もっともこれは純粋に数学的な理論値なのでしょうから1つの目安程度に受け取っておきます。

長期間の必要資金の予測から求めた目標利率2%は、何とか3/4の確率で達成できるかもという感じです。

2012年10月 7日 (日)

うーさーのその日暮らしの女の子が可愛い件 <モニターの中の彼女>

TVアニメ 「うーさーのその日暮らし
主人公のうーさーは置いといて、同居している女の子がサンリオ風のキャラでけっこう可愛い。
エンディングのオシリふりふりのところも見ものです。

ところで主人公のうーさーはちょっとウザめのキャラですね。ウザかわいいという感じでしょうか?

投資信託の積立 バランス型ファンドを決定 <モニターの中のお小遣い>

今年投資信託を始めてから続けていたバランス型ファンドの積立を見直しました。

見直しのポイントは
・コスト。特に銀行の購入手数料
・純資産総額が低下し続けているファンドを見直す
・日本国債の比率は極力下げる

○野村世界6資産分散投信
 郵便局で扱っているファンドということで
 分配コースと成長コースを1:1の額で購入
 モーニングスター・レーティング=★★★★(分配) と ★★★(成長)

○財産3分法ファンド
 国内債券は0%。株式、債券、不動産に投資
 モーニングスター・レーティング=★★★

○ラッセル・グローバル・バランス(成長型)
 外国債券には為替ヘッジをかけている
 モーニングスター・レーティング=★★★★

○eMAXIS バランス(8資産均等型)
 ノーロード。
 モーニングスター・レーティング=未設定

○eMAXIS バランス(波乗り型)
 ノーロード。トレンドフォロー戦略
 モーニングスター・レーティング=未設定

○ダ・ヴィンチ ライト
 ローリスク・ローリターン
 ファンドの純資産総額は減り続けているので、将来入れ替えの可能性あり
 モーニングスター・レーティング=★★★★

これらの6ファンドについて、
モーニングスターのリスクメジャーの平均=2-3(推定あり)
平均の購入手数料 =1.18%
平均の信託報酬 =0.86%
国内債券:国内株式:海外債券:海外株式=2:4:8:5

バランス型のファンドは、ファンドの純資産総額が減少傾向にあるものが多く、また手数料や信託報酬が高めなので若干選びにくいです。

以下のファンドは手数料が高すぎるため積立を中止しました。
・グローバル資産分散オープン 愛称:「メインパートナー」
・世界8資産ファンド (愛称:世界組曲)

2012年10月 6日 (土)

投資信託の積立 株式ファンドを決定 <モニターの中のお小遣い>

積立で投資信託を購入していく為、先日の債券に続いて株式に投資するファンドを選びました。

選定のポイント
・インデックス型ファンドとバリュー株に投資するファンドを組み合わせる
・コストを意識する
・為替リクスはオン

○ニッセイ 日経225インデックスファンド
 国内インデックス。ローコスト
 モーニングスター・レーティング=★★★★★

○ニッセイ 日本株ファンド
 国内大型バリュー株に投資
 モーニングスター・レーティング=★★★★

○eMAXIS 先進国株式インデックス
 先進国のインデックス型。
 モーニングスター・レーティング=未設定

○eMAXIS 新興国株式インデックス
 新興国のインデックス型。
 モーニングスター・レーティング=未設定

○インベスコ 世界先進国株式オープンAコース
 手数料が高いが、為替ヘッジあり。
 モーニングスター・レーティング=★★★

○朝日-Nvestグローバルバリュー株オープン
 リーマン・ショックまでの利率が良い
 モーニングスター・レーティング=★★★★

これらの6ファンドについて、
モーニングスターのリスクメジャーの平均=4(推定あり)
平均の購入手数料 =0.45%
平均の信託報酬 =0.99%

インデックス型の投資信託だけでなく、バリュー株へ投資するファンドを選んだのは何かの本にバリュー株がもうかるアノマリー(論理的に説明できない現象)があるとか書かれていたからです。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック