« 確定拠出年金、スイッチングの効率比較 <モニターの中のお小遣い> | トップページ | インフレが注目されています »

2012年12月23日 (日)

確定拠出年金、資産配分が落ち着く <モニターの中のお小遣い>

先日、確定拠出年金の運用のスイッチングを行い、資産配分がようやく思い通りに落ち着きました。

私の会社が退職金制度を新しくして、確定拠出年金を始めたのが去年の夏。
当時銀行の預金が多いと感じていた私は今までやったことがない投資信託で運用を開始。とりあえずどうしていいか分からないのでバランス型ファンド1本で運用を始めました。

ほとんど目論見書も読まずに運用を始めた私が日本国債の割合が多すぎると感じたのが今年の5月。 日本国債の割合を極力下げるため、外国債券と、株式投資の割合が多いバランス型ファンドにスイッチング。

ところが秋になり、株式投資の割合が多いバランス型ファンドの信託報酬の高さに気づき、再びスイッチングを開始。 まえの記事にも書いた通り何回かに分けてインデックス型外国株式ファンドなどへスイッチングをすることにしました。

で、想定外の円安に遭遇しながら、ようやくスイッチングが終わりました。

金利連動型バランス型ファンド:国内株式:外国債券:外国株式
=15:15:35:35 の配分で運用。
個人年金保険に別途入っているのでリスクを高めにした配分にしてみました。

« 確定拠出年金、スイッチングの効率比較 <モニターの中のお小遣い> | トップページ | インフレが注目されています »

投資信託」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1738237/48439713

この記事へのトラックバック一覧です: 確定拠出年金、資産配分が落ち着く <モニターの中のお小遣い>:

« 確定拠出年金、スイッチングの効率比較 <モニターの中のお小遣い> | トップページ | インフレが注目されています »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック