« 投資信託運用、高値警戒モードに切替え <モニターの中のお小遣い> | トップページ | 琴浦さんが修羅場すぎる <モニターの中の彼女> »

2013年1月19日 (土)

投資信託の積立の一部再検討 <モニターの中のお小遣い>

投資信託のファンドの内、値動きが安定しているファンドについて積立の間隔を毎月でなく1年毎にすることにしました。

値下がりのリスクが比較的低いので、前倒しで購入した分元本が多くなりリターンが多くなるだろうという目論見です。

もちろん値下がりリスクは0ではないので、投資予定額全額を1度に購入するのでなく1年毎に大きく分けて購入することでリスクを下げようと思います。

1年分まとめて購入するのは「ニッセイ 日本インカムオープン」。
主に社債に投資するファンドです。 リスクが低いのは良いのですが、リターンの低さも目立つファンドのようです。 少しでもリターンを得るために1年毎の購入を試してみます。

« 投資信託運用、高値警戒モードに切替え <モニターの中のお小遣い> | トップページ | 琴浦さんが修羅場すぎる <モニターの中の彼女> »

投資信託」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1738237/48839588

この記事へのトラックバック一覧です: 投資信託の積立の一部再検討 <モニターの中のお小遣い>:

« 投資信託運用、高値警戒モードに切替え <モニターの中のお小遣い> | トップページ | 琴浦さんが修羅場すぎる <モニターの中の彼女> »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック