« ハイイールド債券の状況をチェック <モニターの中のお小遣い> | トップページ | えっくす☆きゅーと かわいい <モニターの中の彼女> »

2013年6月15日 (土)

投資信託の手数料を回収しに銀行へ <モニターの中のお小遣い>

投資信託で本格的な投資というものを始めてちょうど1年が経ちました。
先日は投資信託の手数料の回収に行って来ました。 手数料の回収、それは窓口で質問をして情報を仕入れてくることです。
手数料を払っているのだから少しはサービスを受けても怒られはしないはず。

今回は2つほど情報を仕入れて来ました。
まずはNISAについて。
NISAの制度を利用して購入したファンドは、NISAの制度が始まる前に既に購入しているファンドと同じファンドでもかまわない。
しかし口数はNISA購入分と通常NISA購入分に分けて管理されて、分配金にかかる税金はNISAの制度を利用して購入した分のみが非課税になるとのことでした。

もう一つの質問は積立で購入しているアクティブ運用の債券ファンドについて。
「ファンドは、保有している債券を償還まで持つのか、それとも償還を待たずに途中で債券市場に売るのか?」
答えは、アクティブ運用なので状況に応じて償還まで保有したり債券市場に売ったりするとのことでした。
それに対して金利変動リクスが比較的少ないラダー型運用のファンドは償還まで債券を保有するとのことでした。
初心者の質問に嫌な顔もせずに運用会社に電話して問い合わせくれました。 こういう対応は窓口の利点です。

とはいえ、銀行の手数料の高さはもう少し改善して頂きたいところです。

« ハイイールド債券の状況をチェック <モニターの中のお小遣い> | トップページ | えっくす☆きゅーと かわいい <モニターの中の彼女> »

投資信託」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1738237/52043766

この記事へのトラックバック一覧です: 投資信託の手数料を回収しに銀行へ <モニターの中のお小遣い>:

« ハイイールド債券の状況をチェック <モニターの中のお小遣い> | トップページ | えっくす☆きゅーと かわいい <モニターの中の彼女> »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック