« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

登場人物が多すぎて困る件 <モニターの中の彼女>

私はもっぱらニコニコ動画のアニメでアニメを見ているのですが、今期2013年夏のアニメはいつもより登場人物が多いような気がします。

登場人物が多いと、特に美少女もののアニメとかは華やかになっていいのですが、わたし的には少し困ったことが起きてしまいます。

私は日頃から名前とか人の顔とかを覚えにくいのです。
週に1話ずつのアニメとなると、1週間のうちに記憶はだいぶ曖昧になります。 さらに登場人物が多いと、セリフの中に出てくる人の名前も誰のことやら分からなくなります。

顔も名前も誰なのかが分からないまま物語が進行してしまって、ストーリーが良くわからなくなってしまいます。 ヘタをすれば主人公が誰だかあやふやなままアニメを見ることに。

華やかさと物語の分かりやすさのバランスが気になるこの頃です。

2013年7月21日 (日)

週明けの各相場は? <モニターの中のお小遣い>

2013年の参議院選挙、投票締め切りと同時に各メディアは自民党と公明党が安定多数を確保しそうだと報じました。

さて、週明けの為替相場と株式相場、そして債券相場はどのように反応するのでしょうか?
私は若干の円安と株高があるものの昨年末のような大きな動きはないのではないかと予想しました。

私は外貨預金や外貨建ての投資信託に投資をしているので、円安だと含み益が出ます。 しかし、今以上に大きく円安になると輸入品の価格が上がり生活に悪影響が出てくるのではないかと思います。 あまり極端な経済状況にならないことを願っています。

2013年7月15日 (月)

投資信託、最初の1年 <モニターの中のお小遣い>

気がつけば私が投資信託による資産運用を始めて1年が過ぎていました。

相場によって評価額が上下するということで、最初はかなりドキドキしていましたが次第に慣れて来ました。 最初は経済の情報を緊張感を持って読んだりしていましたが、最近は少し力を抜いて運用することが出来るようになっている気がします。

投資信託を始めて半年もしないうちに始まったアベノミクスによる円安・株高は想定外でした。 1ドル50円説を気にしながら外貨建て:円建てを2:1にしながら始めたものの、想定外の円安となり円建てと為替ヘッジ付き中心に切り替えました。

これからの課題は、円高・下落相場になっていき含み損が出てきた時に平常心で運用を続けられるかだと思います。 ちょうど最近になって新興国の株式や債券のファンドが下落していっているので含み損に慣れる良い機会だと思います。

2013年7月 7日 (日)

2013年夏のアニメのおっぱい枠 <モニターの中の彼女>

2013年夏 新番組アニメ(ニコニコ動画)で発表されたアニメ。
今期のおっぱい枠は?と見てみましたが、これ見よがしにおっぱいを前面に出すアニメは今期は少なさそうです。 ここは1作品ずつおっぱいさんを見つけていくしかなさそう。

ハイスクールD×D
第1話 「にゅう魂の「D×D」生鑑賞 初夏のにゅうフェスティバル 右乳」(前編)
おっぱいに期待を寄せる私たちに対する使命を感じさせるタイトルです。

その代わりに今期目立つのは小中学生女子のアニメ。
私はロリコンではないですが、ちっちゃい女の子はおっぱいと同じぐらい大好きなので、小中学生女子の大活躍に期待をしています。

きんいろモザイク
登場人物の女の子たち、とっても抱き枕にしたいです。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック