« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月28日 (土)

投資信託繰上償還の初体験? <モニターの中のお小遣い>

購入を決めた当初から繰上償還を心配していた投資信託のファンド、
ダ・ヴィンチライト
先日、繰上償還の予定を通知する書面が郵送されてきました。
これから受益者の合意を確認した上で、11月頃には繰上償還をする予定とのことでした。

繰上償還とは、
『あらかじめ決まっていた信託期間が終了する前に、投資信託の運用が終了することを「繰上償還」といいます。』モーニングスターの投資信託講座より

ダ・ヴィンチライトは
『先進国を中心とした世界の株式、債券および円短期金融商品に分散投資』するファンドです。
モーニングスターのリスクメジャーは1。
レーティングは★★★。
比較的安全なファンドのようですが、いかんせん純資産額が少ない上に徐々に少なくなり続けているということで、いつかは繰上償還になるのではと心配していました。
ついに投資資金が少なくなり過ぎて効率よく投資をすることが出来なくなったのでしょう。

償還される資金170k円あまりの運用先をこれから考えます。

2013年9月23日 (月)

NISA申し込み <モニターの中のお小遣い>

新しい少額投資非課税制度、NISA。
三菱UFJ信託銀行へ申し込みました。

1人に1つずつしか開けないNISAの口座なので、どの証券会社や銀行で口座を開くのがお得かいろんなメディアに特集が載せられていました。 私の場合は多分もっとも取引額が多くなりそうな三菱UFJ信託銀行にしました。

NISA制度が始まるのにともなって、各証券会社や銀行では新しいファンドを設定しているようです。 私はファンドが設定されてから数年間は成績を見るほうが良いと思うので、しばらくは新しいファンドには手を出さない予定です。インデックス型で低コストのファンドなら成績の良し悪しも少ないでしょうから、よほど良いファンドがあれば少し試してみようかとは思いますが。

2013年9月 8日 (日)

AKIRAと2020年東京オリンピック

2013年9月8日早朝、2020年のオリンピック開催地が東京に決まりました。

インターネットで知るところによると、大友克洋のマンガ「AKIRA」の作中で2020年に東京オリンピックが開かれることになっているとか。

AKIRAは人間が作った科学の怪物。 最後は破滅的な暴走をして、東京は破壊してしまいました。

現実では、科学の怪物、福島原発がコントロールし切れるかどうかの瀬戸際にあります。
また、日本政府をむしばむ借金の怪物、国債もコントロールし切れるかどうかの瀬戸際にあります。

安倍首相はIOC総会で、福島原発はコントロールし切れると断言しました。
科学の怪物も借金の怪物も、しっかりコントロールできることを願うばかりです。

2013年9月 1日 (日)

確定拠出年金の制度移行分が入金 <モニターの中のお小遣い>

私が務める会社が確定拠出年金を導入したのは2年前でした。
制度導入時とあと3回は毎年8月に制度移行分のお金が会社から入金されます。

1回の制度移行分の入金は40万円あまり。
月々1万強ずつ積立している中で8月だけスポットで購入するような感じになります。

過去の2回は、投資信託の単価が低めに推移していたので迷わずに全額投資信託に配分しましたが、3回めの今回はアベノミクスの影響で単価が上がり、どう配分するか迷いました。

検討した結果、制度移行分は全額定期預金でとっておくことにしました。
理由は、投資信託の評価額が十分に上がり、無理に追加購入しなくても予定の評価額に達したからです。 予定の評価額以上に評価額を上げるのはリスクの取り過ぎと考えました。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック