« 投資信託繰上償還の初体験? <モニターの中のお小遣い> | トップページ | おっさんホイホイアニメ、キルラキル <モニターの中の彼女> »

2013年10月 6日 (日)

債券は本当に低リスクなのか? <モニターの中のお小遣い>

2013年10月に入り、アメリカの国の債務が法律で決められた上限に達してしまい、いろいろな問題が出始めました。
国が運営する観光施設や公共施設が閉鎖され、今月半ばにはもしかすると米国が国債の利子が支払えない債務不履行を起こしそうになっています。

私には、米国の債務が増えることが慢性的なものなのか、法律の上限が妥当なものなのか分かりません。 しかし、法律の上限に達したから法律を変えようとする動きはおかしいと思います。
破られそうになる都度変える法律は、法律といえるのだろうか?

ところで、資産運用で債券は比較的リスクが低いとされています。
しかし、昨年はユーロ圏で一部の国債で債務不履行が起き、今年はアメリカで国債の利子の支払いが危ぶまれる事態になっている。
今後、ユーロ圏やアメリカ(やがて日本も?)の国債の債務履行が慢性的に危ぶまれる時代になっていくとしたら、債券はハイリスク・ハイリターンのものになっていくのではないかと心配しています。

だとしたら、次にリスクの低い資産は何なのでしょうか?
私には分かりそうもないので、資産の運用をさらにいろんな資産に分散してみましょうか。

« 投資信託繰上償還の初体験? <モニターの中のお小遣い> | トップページ | おっさんホイホイアニメ、キルラキル <モニターの中の彼女> »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1738237/53507283

この記事へのトラックバック一覧です: 債券は本当に低リスクなのか? <モニターの中のお小遣い> :

« 投資信託繰上償還の初体験? <モニターの中のお小遣い> | トップページ | おっさんホイホイアニメ、キルラキル <モニターの中の彼女> »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック