« NISA開始前にふと思う <モニターの中のお小遣い> | トップページ | 投資信託、来年からの作戦をたてる <モニターの中のお小遣い> »

2013年11月30日 (土)

確定拠出年金、隣の人の運用は如何に <モニターの中のお小遣い>

先日、会社で確定拠出年金の説明会が開かれました。
自分が勤める会社が確定拠出年金の制度を導入して2年が過ぎ、継続教育が義務付けられているということで説明会が開かれたようです。

説明会では初心者向けの内容、基本事項の再確認ということで説明がされました。
基本事項は何度も聞いて忘れないようにしなければなりませんね。 私のように毎週のように管理のサイトを開いている人もいれば、運用は全く放置の人も少なくないようです。

説明会で配られた資料の中に、社員で集計に合意した人たちの資産の配分を集計した資料がありました。
年代別に配分の比率がグラフに表されていましたが、インターネットで見るように私が務める会社でも比較的安全資産に配分が集中しているようでした。
どの年代でもほぼ半分を元本保証型の資産へ配分。国内債券も含めた比較的リスクの低い資産も含めると3/4を安全資産に配分しているようでした。
特に外貨建ての資産への配分は10%以下、際立ったのは外国債券の人気の低さで、私の外国債券の持ち高が集計に参加した社員全体の外国債券の持ち高の7%を占めてしまうほどでした。 社員が200人ほどの会社でどれほど集計参加者がいたのか分かりませんが、ちょっと異常な値になってしまいました。

自分のリスク選好度が高いのが分かったところで自慢なぞしていてはいけません。 そのリスク選好が合理的なのかは今後もチェックしていかないといけないと思います。
奇をてらったような配分で大切な資産を不必要にリスクにさらしてしまうことにならないよう気をつけるべきでしょう。

あとは、社員全体の利回りの状況も知りたいところです。 会社の目標利回りを社員が達成できているか、年金制度そのものが有効なものか社員自身がチェックできることになりますので。

« NISA開始前にふと思う <モニターの中のお小遣い> | トップページ | 投資信託、来年からの作戦をたてる <モニターの中のお小遣い> »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1738237/54106939

この記事へのトラックバック一覧です: 確定拠出年金、隣の人の運用は如何に <モニターの中のお小遣い>:

« NISA開始前にふと思う <モニターの中のお小遣い> | トップページ | 投資信託、来年からの作戦をたてる <モニターの中のお小遣い> »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック