« 確定拠出年金、隣の人の運用は如何に <モニターの中のお小遣い> | トップページ | 証券優遇税制が終了する前にリバランス実施 <モニターの中のお小遣い> »

2013年12月 8日 (日)

投資信託、来年からの作戦をたてる <モニターの中のお小遣い>

昨年夏から預金を投資に回すために、自分としてはハイピッチで投資信託のファンドに資金を移して来ました。 ここにきて、アメリカ株式は高値更新をするようになり、為替相場も円安が進んできたのでピッチを下げることにしました。

購入のピッチを下げる一方で各ファンドの最低購入価格は1万円ですから、購入するファンドの数を少なくすることにしました。

まず、バランス型のファンドは基本的に追加購入をやめにして株式と債券のファンドで運用したいのですが、内外リートを含むバランス型ファンド2個は購入を続けることにしました。

あとは、株式ファンドと債券ファンドを1:1の配分にする。 ドル円の為替相場が企業の購買力平価に比べて円安なので為替ヘッジ型を選ぶようにしました。

それと、コモディティも組み入れることにしました。
コモディティーの商品はエネルギー関係中心、インデックス型のファンドかつ比較的コストが安いi-mizuhoのコモディティファンドを選んでみました。

株式も債券も高い感じがするのでやや購入しづらいのですが、来年からしばらく今回決めた方針を続けます。

« 確定拠出年金、隣の人の運用は如何に <モニターの中のお小遣い> | トップページ | 証券優遇税制が終了する前にリバランス実施 <モニターの中のお小遣い> »

投資信託」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1738237/54186739

この記事へのトラックバック一覧です: 投資信託、来年からの作戦をたてる <モニターの中のお小遣い>:

« 確定拠出年金、隣の人の運用は如何に <モニターの中のお小遣い> | トップページ | 証券優遇税制が終了する前にリバランス実施 <モニターの中のお小遣い> »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック