« 2014年冬はアニメ大豊作 <モニターの中の彼女> | トップページ | 両親が投資信託とか »

2014年1月11日 (土)

ビギナーズラックの象徴のファンドを売却 <モニターの中のお小遣い>

昨年快進撃をなしとげた投資信託のファンド、「JPM ザ・ジャパン (JF ザ・ジャパン)」。 2012年5月末に私が投資信託デビューをした頃に購入していました。

値動きの激しさに客が注目し、購入手数料の大きさの為に販売員が頑張って売り、2013年の春には資金が集まりすぎて追加購入が出来なくなってしまったファンドです。

購入手数料を出来るだけ低くしようとしている今では選びにくいファンドですが、当時は試しに買ってみる感じで買ってみた結果がビギナーズラックで大当たりでした。

投資信託デビューの間もなくアベノミクスが始まった私のビギナーズラックを象徴するファンドですが利益確定のため売却しました。 税引き後でも100%を超える利益になりました。

今後はインデックス型の投資信託を中心に購入していくので、今回のような投資信託としては大きな利益を出すことはもうないでしょう。 利益の大きさにこだわらず、リスクとアセットアロケーションのバランスに気を配りながら運用していきます。

« 2014年冬はアニメ大豊作 <モニターの中の彼女> | トップページ | 両親が投資信託とか »

投資信託」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1738237/54574188

この記事へのトラックバック一覧です: ビギナーズラックの象徴のファンドを売却 <モニターの中のお小遣い>:

« 2014年冬はアニメ大豊作 <モニターの中の彼女> | トップページ | 両親が投資信託とか »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック