« バリュー平均法について考える(バリューパスについて2) | トップページ | 今週の投資信託の売買 <モニターの中のお小遣い> »

2014年7月30日 (水)

私の投資方針を書いてみた

投資関係のホームページの記事で「投資方針書を書こう」というのがありましたので自分も書いてみました。
少し長いですが、一気に書き込みます。

私の投資方針

Ⅰ目的
資産を守るために資産を分散させます

Ⅱ運用目標
1.可能な範囲内で資産を分散させる。
2.出来れば平均余命を迎えた時点で資産が残るようにする

Ⅲ投資環境と投資方針
資産を守る際に想定する最大の脅威は国の財政破綻とそれによる経済の混乱。 国内の経済混乱に全てを巻き込まれないよう、世界に分散させるようにする。
リスク性の資産は評価額の最大下落率を想定しておく。
儲け・利回りはあえて意識しない。

Ⅳ基本ポートフォリオのアセットアロケーション
株式クラスの割合はおよそ100マイナス年齢(%)とする。
オルタナティブも加える。

Ⅴアセットロケーション
投資信託、確定拠出年金、純金積立

Ⅵ銘柄選択
低コスト、インデックスファンドを中心にする。
購入時手数料は平均1%以内で出来るだけ低くなるようにする。
信託報酬は平均1%以内になるようにする。
分配金が出るファンドは極力避ける。
ファンドのリスクはモーニングスターの評価を参考にする。
円建て・外貨建て・為替ヘッジを状況に合わせて配分する

Ⅶ売買執行方針 投資信託について
バリュー平均法に習いアセットクラス毎にバリューパス(目標評価額)を設定する。
評価額がバリューパスを上回っていれば積立は休止。
評価額がバリューパスを下回っていれば積立する。
積立休止で出来た待機資金は預金や債券ファンドなどで運用し、後にリバランスをする。

Ⅷモニタリング
各ファンド評価額、アセットクラス別評価額、リスク別評価額、通貨区分別評価額、待機資金の残高、想定される最大損失を定期的にチェックする

Ⅸリバランス
毎月の積立額が評価額に対して比較的大きい当面間
 積みてたのピッチでバランスを取る
 評価額が大きくオーバーしたらスポットで購入していたファンドの売却も考える
毎月の積立額が評価額に対して比較的小さくなったら
 ○年毎。(期間は検討中)
 バリューパスから○%以上乖離したとき。(率は検討中)

Ⅹ投資方針の変更
方針の改良は常に継続
思いつきで短期間に変更するのは禁止
変更したら運用記録に残す

以上

« バリュー平均法について考える(バリューパスについて2) | トップページ | 今週の投資信託の売買 <モニターの中のお小遣い> »

投資信託」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1738237/56945714

この記事へのトラックバック一覧です: 私の投資方針を書いてみた:

« バリュー平均法について考える(バリューパスについて2) | トップページ | 今週の投資信託の売買 <モニターの中のお小遣い> »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック