« 今月の投資信託の売買 <モニターの中のお小遣い> | トップページ | DC積立年金解約 - 確定拠出年金の運用 »

2015年9月 6日 (日)

逃したリバランスのタイミング - 確定拠出年金の運用

確定拠出年金の運用の話。

私はリバランスの基準として、アセットクラス別に設けている目標の評価額(バリューパス)からプラスマイナス20%以上乖離したらリバランスするようにしています。

6月末の時点で国内株式の評価額がバリューパスから+18.3%となり、そろそろリバランスの準備かと思っていました。 
しかし、8月末からの株式市場の暴落で評価額はバリューパス+7.3%となり、リバランスの基準から離れてしまいしまた。

6月末の時点でリバランスをしていれば、国内株式の持ち高を20%減らしてリザーブ用の現金にしていた訳で、8月末の暴落で発生した評価額減も20%少なく出来たのですが・・・

ちょっとタイミングを外してしまいました。

リバランスをする必要がなくなったので、引き続きバイ・アンド・ホールド。
中国バブルの崩壊にも米国利上げにも動ずることなく成り行きを見守ります。

※バリューパスとは、「バリュー平均法」の積立てにおける資産評価額(バリュー)の目標のことです。

« 今月の投資信託の売買 <モニターの中のお小遣い> | トップページ | DC積立年金解約 - 確定拠出年金の運用 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1738237/61492605

この記事へのトラックバック一覧です: 逃したリバランスのタイミング - 確定拠出年金の運用:

« 今月の投資信託の売買 <モニターの中のお小遣い> | トップページ | DC積立年金解約 - 確定拠出年金の運用 »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック