« 2016年1月末、投資信託の状況 <モニターの中のお小遣い> | トップページ | 円暴騰、株暴落まつりの1週間 <モニターの中のお小遣い> »

2016年2月 7日 (日)

毎月分配型投資信託と税金 <モニターの中のお小遣い>

投資信託の積立をしていた
財産3分法F(不動産・債券・株式)毎月分配型 『愛称 : 財産3分法ファンド』
を解約しました。
解約の理由は、毎月分配型であること。
含み益が出ている間は月々の分配金に対して税金がかかってしまうからです。

以前から解約のタイミングを狙っていたのですが、個別元本に対して含み損が出てきたので解約時の税金がかからなくなり、解約することにしたのです。解約時の税金は、個別元本というものを基準にしてかけられます。

この個別元本は積立で購入した時の評価額や分配金が発生した時の状況に応じて変わっていきます。

このファンドを解約した時、個別元本が¥5,550に対して、解約時信託財産留保額を差し引いた後の基準価額が¥5,222でした。
個別元本より解約時の基準価額が低いので税金がかかりません。
自分が実際購入した総額の¥260,000円に対して、解約時の評価額が¥289,458円と利益が出ているのにです。

一見税金の支払いで得をしているように見えます。
しかし、分配金に対してかかった税金が合計¥8,358円にもなっていました。
実はむしろ税金の支払で損をしているようです。

やはり、毎月分配型の投資信託で積立をやっていると損をしてしまう場合があるようです。
積立をしている間の基準価額の変動の状況などにより変わると思いますが。

ちなみに、このファンドの私の積立状況をグラフにするとこんな感じでした。
Photo

分配金にかかった税金で損をした分は、毎月分配型で積立をすると損をすることがあると勉強できた授業料ということにします。

« 2016年1月末、投資信託の状況 <モニターの中のお小遣い> | トップページ | 円暴騰、株暴落まつりの1週間 <モニターの中のお小遣い> »

投資信託」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1738237/63837674

この記事へのトラックバック一覧です: 毎月分配型投資信託と税金 <モニターの中のお小遣い>:

« 2016年1月末、投資信託の状況 <モニターの中のお小遣い> | トップページ | 円暴騰、株暴落まつりの1週間 <モニターの中のお小遣い> »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック