« 2016年11月末、投資信託の状況 <モニターの中のお小遣い> | トップページ | カンブリア宮殿、ひふみ投信の特集の感想 »

2016年12月17日 (土)

確定拠出年金運用状況。トランプラリーと米国利上げの効果が

確定拠出年金の運用、うまくいっていますでしょうか。
私の方は昨年夏の中国発株価下落からの円高株安で、直近1年の運用はマイナスになっていました。

今年の秋からのトランプ相場、今週の米国金利利上げで円安株高が進み、先週から直近1年が久しぶりにプラスになりました。

ということで、記念のスナップショットを
Photo_2
積立にとって不利になる相場上昇と、にもかかわらず評価額が増えてうれしい微妙な気持ちを感じています。

運用は基本投資信託100%でバリュー平均による運用を目指します。
相場下落時に追加購入するためのリザーブ資金は定期預金で約1/4あります。

今年に入って断続的に追加購入したのが、結果的に押し目買いとなった感じです。
評価額が目標評価額を10%上回ったらオーバーリスクということで売却してリバランスする予定です。

« 2016年11月末、投資信託の状況 <モニターの中のお小遣い> | トップページ | カンブリア宮殿、ひふみ投信の特集の感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1738237/68882861

この記事へのトラックバック一覧です: 確定拠出年金運用状況。トランプラリーと米国利上げの効果が:

« 2016年11月末、投資信託の状況 <モニターの中のお小遣い> | トップページ | カンブリア宮殿、ひふみ投信の特集の感想 »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック