« 2017年2月末、投資信託の状況 <モニターの中のお小遣い> | トップページ | 確定拠出年金の運用成績って比べる必要ある? »

2017年2月26日 (日)

為替ヘッジ比率を確認してみた <モニターの中のお小遣い>

投資信託による資産運用で、海外に投資するアセットクラスの為替ヘッジの比率を調べてみました。

資産を分散して運用するために国内・海外の株式や債券のファンドを選んで購入しています。
ひとつ工夫をしていて、為替リスクを和らげるために、
・購買力平価より円高のときは為替ヘッジなし、
・購買力平価より円安のときは為替ヘッジ付き
のファンドを選ぶというルールで購入しています。

為替ヘッジ比率については今まで成り行き任せ。
円安が進んでしばらく経ち為替ヘッジコストも気になる最近なので、この辺りで為替ヘッジ付きの比率を確認することにしました。

2016年末の時点の比率(外国へ投資するファンドのみ)
Photo
行にアセットクラス、左の列から順に為替ヘッジなし、為替ヘッジ付き、円建てと為替ヘッジなしの混合(比率不明)でクロス集計しています。
対象は企業型確定拠出年金と個人で運用しているもので、国内の債券・株式へ投資するファンドは集計に含みません。

今までこのような確認はしたことがなかったのですが、結果的に債券のファンドは為替ヘッジの比率が高い状態になっていました。

債券自体の利回りが低く為替ヘッジコストの影響が気になっていた先進国の外国債券は比較的比率が低く抑えられていて少し安心しました。

ハイイールド債券と新興国債券は為替ヘッジの比率が高く、いずれ円高になった時に一部を売却して為替ヘッジなしの比率を上げるかもしれません。

外国株式の為替ヘッジ比率が低いのは、私がバリュー平均の運用をしていて、リスクオンで円安の時に追加購入をしなかった事が原因と思います。
新興国株式は通貨の種類が多いので元々為替ヘッジをつけない事にしています。

外国の金利が上がり為替ヘッジコストが高くなることも考えられるので、為替ヘッジ比率の状況も定期的にチェックしていきたいと思います。

« 2017年2月末、投資信託の状況 <モニターの中のお小遣い> | トップページ | 確定拠出年金の運用成績って比べる必要ある? »

投資信託」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1738237/69736307

この記事へのトラックバック一覧です: 為替ヘッジ比率を確認してみた <モニターの中のお小遣い>:

« 2017年2月末、投資信託の状況 <モニターの中のお小遣い> | トップページ | 確定拠出年金の運用成績って比べる必要ある? »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック