« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月29日 (土)

2017年4月末、資産運用(投資信託)の状況 <モニターの中のお小遣い>

私の資産運用の投資信託の運用状況です。
企業型確定拠出年金を含みます。
積立は3ヶ月に1度、2,5,8,11月末なので、今月は積立はしません。

2017年4月28日時点までの各アセットクラスの割合の変化です。
Graph

バリューパス(目標評価額)との差異は
Table
新しいアセットクラスのゴールドは新規に0から分割して購入中につき大きくマイナスになっています。

先月と同じく、株式のアセットクラスと新興国債券が健闘している感じです。 4月は北朝鮮情勢やフランスの選挙などによりリスクオフで相場が下がりましたが、月末にやや元に戻りました。 結局先月末と同じような相場の水準になったと思います。

2017年4月 8日 (土)

確定拠出年金で失敗しないために

確定拠出年金で失敗しないために、ひとつ思いつきました。

運用利回りの分布のグラフは左右反転にしてみると良い。
0_2
自分が取っているリスクの高さが分かるからね。

景気が良い時に含み益が出ている時は、不景気の時にどうなるか忘れてはいけないと思う。

2017年4月 2日 (日)

2017年3月末、投資信託の状況 <モニターの中のお小遣い>

投資信託の運用状況です。
積立は3ヶ月に1度、2,5,8,11月末なので、今月は積立はしません。

2017年3月31日時点までの各アセットクラスの割合の変化です。
Photo

バリューパス(目標評価額)との差異は
00_3
新しいアセットクラスのゴールドは新規に0から分割して購入中につき大きくマイナスになっています。

トランプ相場もメッキが剥げてきた感じがするこの頃ですが、株式関係はまだバリューパスを上回っています。  それと、新興国債券が健闘している感じですね。

確定拠出年金の運用成績って比べる必要ある?

私が加入している企業型確定拠出年金のWEBサイトがこの春にリニューアルしました。
スマホなどにも対応したそうで、かなり見やすい新しい感じになっていました。

その中の新しいコンテンツに、年金の運用成績を周囲の人と比べてみるグラフが加えられました。

00

どのぐらいの人がどのぐらいの利回りで運用しているか示すグラフです。
先月末の時点でおよそ半数の人が-1%から+1%の間の利回りで運用しているのが分かります。

グラフの右上には「あなたの運用成績を、周りのみなさんと比較してみましょう。」と書かれています。 しかし、それぞれの事情に合わせて自己責任で運用しているものに運用成績の比較は必要でしょうか。

楽天証券のコラムにこういう記事がありました。
第115回 他人や平均と投資の成績を比較することはほとんど意味がない理由

見た人を天狗にしたり悔しがらせたりする以外の効果があるのかという気がするグラフですが、どうでしょうか。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック