« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月17日 (土)

インデックス投資ナイト、チケットとれず

資産運用でインデックス投資信託を利用している私にとって、一度は参加してみたいイベント「インデックス投資ナイト」が2017年も開催されることになり、チケット発売になりました。

今年初めてチケット購入にチャレンジしてみようと準備をしていましが、大人気のこのイベント、チケット発売とほぼ同時に秒殺で完売となり、私はチケットを購入できませんでした。

まあ、私のような投資見習い風情に参加が許されるイベントなのかも分からず、生半可な決心でチケットを買おうとしたのが間違いだったのかも知れません。

で、

私は投資家なんだろうか?

イベントに参加をしようとしたことを振り返って思ってしまいました。
投資家とは? 私は資産を分散しているだけではないだろうか?
日経新聞の購読も止め、投資信託の評価額が一定になることだけ(バリュー平均法)を考えているという行動は投資なのだろうか。

投資家というより資産分散家と言ったほうがしっくり来るような気がする今日このごろです。

2017年6月11日 (日)

ヒンデンブルグ・オーメン とやらが出ても

東洋経済オンライン-2017/06/02のニュース
日経平均2万円でもNYダウに不吉なサイン
という記事が掲載されました。

なんでも株式相場が暴落しそうなサインなのだそうです。
昔のホラー映画のようで、若干中二病のようなネーミングで面白いのですが、暴落しそうなのだそうです。

他にも暴落と言わないまでも、ひふみ投信の2017年6月に公開された運用報告の動画
ひふみアカデミー2017年6月
の中でNYダウの価格が天井に達しているのではないかという資料が公開されていました。

そのような状況の中、私の資産運用における外国株式の状況は
外国株式の投資信託の評価額が、目標評価額+6.52%
とややプラス。ある意味強気のポジションです。

ここでリバランスをして目標評価額まで持高を下げるかどうか、すこし迷いました。
ですが、私が目指すのは資産の分散とサルダーツと同じ運用成果。 相場の下落サインは知らなかったことにしてそのまま事前に決めた運用ルールに従って進むことにしました。
半年後、一年後どうなるか気長に待つことにします。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

無料ブログはココログ

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック